お悩み別

ワキガ・多汗症

もう悩まない。長年の悩みを解消
ひとりひとりの症状に合わせたワキガ・多汗治療

汗を分泌する腺には、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」という二種類の分泌腺があります。
エクリン汗腺自体には、臭いはありませんが、過剰に汗を出してしまう汗腺になります。
過剰に汗が出てしまい、日常生活に支障をきたす症状が多汗症と言われるものです。
一方、アポクリン汗腺はワキの臭いの原因となる汗腺です。アポクリン汗腺から出る汗が雑菌により分解されると、脇から強い臭いを発するようになります。
これがワキガと言われているものです。

エクリン汗腺

全身に存在している汗腺で、暑いときや運動をしたときなどにでるサラサラとしたニオイのない汗。この汗には、体内の熱を放出して体温の調節をするという大切な役割があります。99%が水分・1%が塩分で構成されています。

アポクリン汗腺

ワキのほか、乳輪まわりやデリケートゾーン(陰部)、耳の穴など、体の特定の部位にあり、やや粘り気のある汗を分泌。皮脂腺と繋がっている為、皮脂と混ざった独特なニオイを放ちます。

ワキガとは

人間の体の中には「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」と2種類の汗腺が存在するが、人よりもアポクリン汗腺の数が多いとニオイの強弱に影響し、ワキガ症状が発症します。
ワキガは遺伝性とも言われており、両親のどちらか又は親族にワキガ体質の方がいることが多く、体質のため途中から突然ワキガになったり、他人から感染することはありません。
日本人は欧米人と比べてワキガ症状の人は少ないと言われていますが、それでも約1割、10人に1人がワキガと診断され、食生活の欧米化が原因とも言われています。

 

 

多汗症とは

エクリン汗腺から必要以上に汗が分泌されるのが「多汗症」と言います。
温度や運動量とは関係なく大量に汗が出るのが特徴です。
原因は様々ですが、体質、食生活、精神的なストレス、ホルモンバランスなど、様々な要因が絡みあって、交感神経が正常に働かなくなることで起こると言われてます。
症状はワキだけではなく、手のひらや足の裏・頭皮など、人によって症状は異なります。
汗が大量に出ると雑菌と混ざり、ニオイも強くなるとも言われています。

 

 

経験豊富な医師による丁寧な診察

女性医師対応可能

 

多数の症例実績

 

写真撮影で治療結果を比較

 

医師向けセミナーで院長講演(JMEC)

 

選べる4つの治療法

汗・ニオイどちらも改善したい、効果的な治療が知りたい方、これから治療を検討されている方にセイコメディカルでは、ひとりひとりの症状に合わせた治療内容を、丁寧なカウンセリングと経験豊富な医師より提案いたします。

汗の量が気になる方へ

気になる部位の過剰な汗の分泌を注射によりブロックし、多汗症を改善。

最適な治療
  • ・ボトックス注射
 
脱毛も一緒にしたい方へ

強い電気で通電することで、毛の毛乳頭だけでなく、汗腺を破壊し、汗・臭いを抑える。

最適な治療
  • ・針脱毛
 
ニオイ・量どちらもお悩みの方へ

汗腺だけに高い熱を与え、皮膚を切ることなく、汗腺を破壊することが可能。ニオイ・汗どちらにも効果的。

最適な治療
  • ・ミラドライ
 
外用薬で改善したい方へ

気になる部分に塗布することで、汗腺にフタをし、ニオイ・量をストップ。

最適な治療
  • ・パースピレックス
 

症例写真

治療名 ミラドライ1回保証無し
費用概算 300,000円(税抜)
患者様属性
(治療時)
20代 女性
リスク・副作用 腫れ・赤み・しびれ・麻酔による治療箇所内出血

その他の診療内容