眉下切開

眉下切開

たるみを除去して
若しい印象の目元に

こんな方におすすめ

  • 上瞼の皮膚がたるんで二重幅が狭くなってきた方
  • 上瞼が重く目が開けずらい方
  • 疲れているようにみられる方

眉下切開とは

皮膚がたるんで上まぶたが余っている状態の場合に、眉の下のラインで余分な皮膚を切除し、たるみを引き上げる施術です。
余分な皮膚や脂肪を切除して縫い合わせることで、若々しい目になります。
たるみが改善するだけでなく、二重のラインの上の皮膚の厚みを軽減することができます。
傷が目立たないように、眉毛に沿って切開しきれいに縫合します。ダウンタイムが比較的長い治療ですので、長期のお休みがとれる時におすすめします。
眉下切開

症例写真

眉下切開

治療名 両眉下切開+部分切開法 3点
費用概算 468,500円(税抜)
患者様属性
(治療時)
50代 女性
リスク・副作用 内出血、左右差、腫脹、眉毛の脱毛、傷痕が目立つ場合がある、上瞼の目頭側の皮膚の引きつれ

治療名 眉下切開法
費用概算 280,000円(税抜)
患者様属性
(治療時)
60代 女性
リスク・副作用 内出血、左右差、腫脹、眉毛の脱毛、傷痕が目立つ場合がある、上瞼の目頭側の皮膚の引きつれ

治療の流れ

施術前

①カウンセリング

まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

②医師による診察

次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。
納得していただくまで、入念なシミュレーションでラインを決めます。

施術

①麻酔

局所麻酔をし消毒します。

②施術

施術を行います。

施術後

①ケア

傷口を保護し施術後のケアを説明、抗生剤や痛み止めを処方します。

②経過

1週間後に抜糸、経過を3ヶ月まで1月毎に診させていただきます。

施術時間 約2時間 (カウンセリング・診察・施術)
麻酔 局所麻酔
副作用 ・術後、抗生剤/痛みどめの処方があります。
・1週間後に抜糸があります。
・目元を濡らす行為は1週間禁止です。(シャワーは当日から、入浴は抜糸後から可能です)
・コンタクトレンズの使用は、1週間後から可能です。
・腫れが1~2週間あり、仕上がり予定は3ヶ月後が目安となります。
・アルコール類は腫れがある間(1週間~2週間)は禁止です。
・目元のメイクは1週間後から可能です。(目元以外は翌日から可能です)
・瞼のツッパリ、腫れのような違和感、内出血が出る可能性があります。
禁忌 ●妊娠中・妊娠の可能性のある方
●出血性疾患の方
●麻酔を使用しショックを起こしたことがある方
●ものもらい/霰粒腫などの眼科疾患の方、治療中の方

料金

眉下切開
両目
280,000円(税抜)