膣縮小術

~産後で緩んだ膣をメスを使って引き締める~

こんな方におすすめ

  • 膣、膣口の緩みが気になる方
  • お湯漏れが気になる方
  • 性的満足度の向上

当院の膣縮小術の特徴

point1
婦人科専門医による診察・治療
point2
入院不要

治療当日お帰り頂けます

膣縮小術とは?

妊娠・出産後の膣のお悩みとして、女性は妊娠・出産を経験すると膣や子宮が緩むだけでなく、外陰部(大陰唇・小陰唇)も緩みます。
子宮の緩みの問題は、高齢にならないと問題になることは少ないですが、膣の緩みは若いうちから出てしまいます。
よく聞く声として、パートナーから緩いと指摘されたり、水や空気が入りやすくなったり、くしゃみ等で尿漏れしてしまったり、便の切れが悪くなったりということまであります。
膣縮小術とは、メスを使って膣の粘膜や筋肉を切除・縫合することで膣を引き締める筋肉の働きをアップさせる治療です。
これにより、膣のヒダを盛り上げるのと同時に膣の内腔を狭くしていきます。

治療の流れ

施術前

①カウンセリング

まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

②医師による診察

次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。

施術

①麻酔

治療部位のデザインを確認し、全身麻酔をします。

②治療

膣の粘膜や筋肉を切除・縫合します。

施術後

①ご説明・処方

施術後の注意事項を説明し、お薬を処方します。

※1ヶ月後に経過診察を行います。

ダウンタイム

施術時間 約3時間(カウンセリング・診察・施術)
麻酔 全身麻酔
通院頻度 3回
治療前後の注意事項 ・抗生剤、痛みどめ3回分を処方します。
・手術後、うっすらと血が滲むことがあります。ガードル等で圧迫します。
・手術後、7日後に経過診察を行います。
・シャワーは当日、入浴は7日後から可能です。
・激しい運動は2週間禁止、性行為は1ヶ月は控えてください。
禁忌 ●妊娠中・妊娠の可能性のある方
●アレルギー・特異体質の方
●出血性疾患患者
●麻酔を使用しショックを起こしたことがある方

料金

膣縮小
400,000円(税抜)
全身麻酔
100,000円(税抜)
 
 

こちらもおすすめ

デリケートな部分のお悩みに

小陰唇縮小術

デリケートなお悩みを抱える女性は少なくありません。小陰唇縮小術は、そんなお悩みを一気に解決できる治療です。