脂肪吸引

より確実に理想のボディへ

こんな方におすすめ

  • 着実に痩せたい
  • 部分的に細くしたい所がある
  • いろいろなダイエットを試したが効果がなかった方

当院の脂肪吸引の特徴

手術中の痛みは殆ど無い

手術中の痛みは殆ど無いのが特徴です。全身麻酔、局所麻酔どちらも可能です。
脂肪吸引を行う部分に適した麻酔を行います。
局所麻酔部でも全身麻酔を希望できますのでドクターと充分ご相談下さい。

脂肪吸引とは

脂肪吸引は、脂肪が多くついている気になる部位から脂肪細胞を吸引する医療です。
脂肪細胞は縮んだり膨らんだりします。脂肪細胞が膨らむと太って見えったりしてしまいます。脂肪細胞を吸引することで、太って見える原因を少なくすることができるので、見た目もスリムでリバウンドしづらい体にすることができます。
※個人差があります。

ダイエット(痩身)とは

いわゆるダイエット(痩身)とは、脂肪細胞全体の”量”を減らすことを意味します。一般的に思春期を過ぎてしまうと、脂肪細胞の”数”が増えることはありません。思春期以降に太るということは、脂肪細胞の”数”は変わらずに、脂肪細胞一つ一つの”大きさ”が変わるということです。脂肪吸引とはこの脂肪細胞自体を物質的に取り除くことによって、脂肪細胞の”数”自体を減らしてしまう医療痩身なので、リバウンドもありません。
脂肪細胞は、細い血管や神経が走っている浅い位置にある”皮下脂肪”と、血管や神経がない”LFD(local fat deposit:深層脂肪)”の2つの層に分かれています。LFDは人が飢餓状態になるまで蓄えられる脂肪で、ラクダのコブと同じ性質の脂肪です。普段、ダイエットなどでは燃焼されません。脂肪吸引ではこの皮下脂肪とLFDを取り除いていきます。これらとは別に、よく耳にする”内臓脂肪”と呼ばれる脂肪がありますが、内臓自体に着いてしまったこの脂肪を取り除くには、食事制限や運動などをするしかありません。

治療の流れ

施術前

①カウンセリング

まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

②医師による診察

次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。

施術

①マーキング

鏡を見ながらマーキングします。

②麻酔

全身麻酔をし、消毒します。

③吸引

脂肪を吸引します。

④縫合

縫合し、テープとガーゼで固定します。

施術後

①ご説明・処方

施術後の注意事項を説明し、お薬を処方します。

※2日後、経過診察を行います。
※1週間後、抜糸を行います。

施術時間 約3時間(カウンセリング・診察・施術)
麻酔 全身麻酔
通院頻度 3回
治療前後の注意事項 ・術後、抗生剤・鎮痛剤の内服薬を処方します。
・術後1週間は、医療用ガードルを装着していただきます。(事前に採寸します)
・内出血や腫れが出る可能性があります。
・3日後からシャワー可能、入浴は抜糸後より可能です。
・激しいスポーツ、術部へのマッサージは1ヶ月は禁止してください。
・アルコールは1週間控えてください。
禁忌 ・妊娠の可能性のある方・授乳中の方
・アレルギー・特異体質の方
・出血性疾患患者
・麻酔を使用しショックを起こしたことがある方
・家族に悪性高熱がみられた方
・心疾患・腎機能障害・肝胆道疾患のある方

料金

脂肪吸引
一部位
 378000円
全身麻酔
108000円

こちらもおすすめ

脂肪溶解引き締め注射

BNLS NEO

植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。
脂肪分解作用・血管強化・リンパ循環排出作用により、血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の排出を促してくれます。