SUNEKOS®スネコス

SUNEKOS スネコス

スネコスには6種のアミノ酸と非架橋ヒアルロン酸が使用されており、時間の経過と共に代謝されます。
また、架橋剤等の化学物質を含まないため、皮膚内での蓄積の心配がなく長期的な有害事象の危険性が低いとされています。本剤はシンプルな組成の製剤で副作用が非常に少ないことが海外の臨床試験によって報告されています。

商品の特徴

point1
証明された安全性と有効性

CEマーク取得の様々な試験により有効性と安全性が証明された注入剤です。

point2
架橋剤等は無添加

皮膚内での蓄積の心配がなく長期的な有害事象の危険性が低いとされています。

point3
副作用リスクの減少

シンプルな組成の製剤で副作用が非常に少ないことが臨床試験によって報告されています。

SUNEKOS®(スネコス)とは?

ヒアルロン酸製剤やコラーゲン製剤等の注入剤によるアンチエイジング治療は、2000年以降より米国・欧州・韓国等をはじめ広く認知された治療法です。近年、日光暴露や加齢などによりコラーゲンとエラスチンが失われ皮膚の老化に関連することが報告されていますが、本製剤の注入によりコラーゲンとエラスチンの再合成を誘発し、若々しい表情を取り戻します。

治療で使用される製剤はスネコスという名称の注入剤で、CEマーク クラスⅢ(欧州安全基準適合の承認)を取得し様々な試験により有効性と安全性が証明されておりEUにおいて医療機器としての認可を受けております。

スネコスには6種のアミノ酸と非架橋ヒアルロン酸が使用されており、時間の経過と共に代謝されます。
また、架橋剤等の化学物質を含まないため、皮膚内での蓄積の心配がなく長期的な有害事象の危険性が低いとされています。本剤はシンプルな組成の製剤で副作用が非常に少ないことが海外の臨床試験によって報告されています。

SUNEKOS® スネコス

適応部位

  • 顔全体
  • 下眼瞼(目の下)
  • 首筋
  • デコルテ
SUNEKOS® スネコス

従来の注入剤との比較

①コンセプトの違い

ヒアルロン酸等のこれまでの注入剤はしわが気になる部分に注入し、お肌のボリュームを出すことでしわを取る効果が期待されています。

それに対し、スネコスはヒアルロン酸と比較しても、注入直後のお肌のボリュームはあまり出ません。
これは、注入により直接ボリュームを出すよりも、スネコスがお肌の奥深くにある真皮に作用してご自身の細胞組織に直接働きかけ、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことでしわを解消するという、根本的なコンセプトの違いによるものです。

スネコスは従来の注入剤とは異なる画期的な治療である事が分かります。

②添加物の有無

ヒアルロン酸等の多くの注入剤には架橋剤という物質が含まれています。架橋剤はヒアルロン酸に添加されることでヒアルロン酸の分解および体内への吸収を遅らせ、注入の効果がより長く続くようになります。
しかし、架橋剤はアレルギー反応や免疫反応、炎症などの原因となりうるデメリットも併せ持っています。

スネコス架橋剤をはじめとする化学物質や生物製剤が一切含まれていないため高い安全性が保たれています。

アレルギー反応などを心配せずに注入できることも大きなメリットです。

③仕上がり

前述のとおり、ヒアルロン酸をはじめとする従来の注入剤は患部に注入しボリュームを出すことでしわを解消しますが、注入量によっては腫れ上がったような見た目になる場合があります。
ヒアルロン酸は注入後、体内の水分を吸収することによって膨張する性質がありますが、これは注入量を調整することで解決することが可能です。
つまり、注入する医師の経験と技術に左右されやすいリスクがあります。

スネコスの場合、注入直後のボリュームはヒアルロン酸と比較するとあまり出ません。
これは、注入剤のボリュームによってしわを解消する治療ではないためです。

ご自身の治癒力をサポートすることでしわを解消するので、より自然な仕上がりになりやすいのがこの新時代の注入剤の特徴とも言えます。

まとめ

  スネコス 従来の注入剤
①コンセプト スネコス:真皮にはたらきかけコラーゲンやエラスチン生成を促ししわを解消する。 従来の注入剤:注入箇所にボリュームを出すことでしわを埋める。
②成分 スネコス:架橋剤をはじめとする化学物質、生物製剤は一切含まれない。 従来の注入剤:架橋剤が含まれている場合あり。
③仕上がり スネコス:肌の若返りを促すことでより自然な仕上がり。膨張リスクが少ない。 従来の注入剤:注入箇所のボリュームを出す。膨張して腫れ上がるリスクあり。

治療方法

①顔全体

顔全体

たるんだ皮膚や深いシワの大きな原因は「ボリュームダウン」です。
Sunekos®の効果を最大限に引き出すため、Sunekos® 200によるアプローチで、製剤で肌の土台を作ります。

②下眼瞼(目の下)

下眼瞼 目の下

下眼瞼(目の下)にクマが現れやすい原因のひとつに、目の周りの皮膚が薄いことが挙げられます。
皮膚が薄いために皮下組織が透けて見えてしまいます。
Sunekos® 200を独自の方法で注入すると、細胞外マトリックスの再生が促されて皮膚に厚みとハリが蘇ります。

③額

額

カニューレを使ったSunekos® 200の注入は、額のしわを自然でありながらも驚くほど滑らかに改善します。
Sunekos® 200は皮膚の萎縮や組織の老化を効果的に改善します。
他の治療やトリートメントと組み合わせることで、効果が維持でき、施術回数を減らすことも可能です。

④手

手

手の皮膚は、肌の弾力低下の影響が最も出やすいところです。
Sunekos® 200の施術テクニックにより肌の若返りをサポートします。

治療の流れ

施術前

①カウンセリング

まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

②医師による診察

次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。

③デザイン

ご希望の顔のバランスに合わせて注入のデザインをします。

④写真撮影

治療前の状態を写真で撮影します。

施術

施術

デザインに合わせて、薬剤を注入します。

施術後

ご説明

施術後の注意事項を説明します。

ダウンタイム

 

施術時間 30分~1時間程度(カウンセリング・診察・施術、初診の場合)
治療前後の注意事項
  • 医師との相談が必要とされる患者様
    1. 治療部位に皮膚疾患がある方。
    2. ケロイドの既往がある方、または肥厚性瘢痕形成に対する感受性が増大している方。
    3. 膠原病などの自己免疫疾患の既往がある方もしくは現在発症されている方、心疾患・糖尿病・高血圧のある方、抗凝固剤を使用されている方、アルコール中毒の方など。
    4. その他:上記以外の病気をお持ちの方、薬物を服用されている方、健康目的で特別な食事等を摂取されている方は必ず担当医師にお伝え下さい。
  • 治療直後からお化粧ができます。
  • 治療当日はシャワーのみとなりますが、翌日から入浴が可能です。
  • 治療から24時間以内、または初期の腫れと赤みが消失するまでは、治療部位への日差しを避けて頂くようにして下さい。
  • 10日前後にわたり治療部位に対する特別な薬剤や化粧品の使用、強いマッサージなどを避けて下さい。
禁忌
  • 極端に肌が弱い方
  • 本剤に対するアナフィラキシーの既往がある方
  • 現在重度の多発性アレルギー・重度アレルギーが明らかな方
  • 本剤に含まれる成分に対して過敏症の起こる事が明らかな方、または可能性が高い方
  • リドカイン(局所麻酔)に対し、過敏症の既往のある方
  • 免疫療法を受けている方
  • 自己免疫疾患のある方
  • 治療部位に活動性の皮膚の炎症または感染症がある方
  • 癌を含む何らかの病変が皮膚にある方
  • タトゥーがある方
  • 妊婦または妊娠している可能性の高い方、および授乳婦の方
  • 未成年の方
アフターケア
  • 当日より洗顔、メイク、シャワー可能です。
  • 激しい運動、入浴、サウナ、アルコールの摂取は翌日より可能です。
  • エステは2週間控えてください。

料金

SUNEKOS®(スネコス)
1回
55,000円(税込)
3回コース
140,250円(税込)
 
コース終了後 1回
44,000円(税込)
オプション
ジェネシス 1回
14,850円(税込)
ウルトラセル Qプラス 1回
89,100円(税込)
コラーゲンピール 1回
11,880円(税込)

ご注意

お問い合わせの内容によっては、クリニックからの返信に2~3営業日のお時間をいただく場合がございます。

営業時間は、10:00~18:00です。 不在の場合はコールセンター(092-738-1730)の番号から折り返しお電話致します。

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

ただいまご予約が大変混み合っているため、ご予約の受付は電話のみとさせていただきます。

予約ご希望の方は、こちらよりお電話にてご予約いただけます。

お問い合わせをご希望の方はこちらのフォームより必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

予約ご希望の方は、こちらよりお電話またはメールにてご予約いただけます。

お問い合わせをご希望の方はこちらのフォームより必要事項をご入力の上、送信ください。

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

YouTube