多汗症のセルフチェック

多汗症であるのか、症状が重いのかなどは、日常生活でどれだけ困っているか、気になっているかなどによって医療機関で診断されます。

過剰な発汗が明らかな原因がないまま6ヶ月以上続いて、かつ、
以下の6症状のうち2項目以上当てはまる場合を多汗症と診断されます。

多汗症のセルフチェック
  1. 多汗症で悩み始めたのが25歳以下であること
  2. 左右対象に発汗があること
  3. 睡眠中は発汗が止まっていること
  4. 症状は1週間に1度以上であること
  5. 家族に同じような症状の人がいること
  6. 日常生活に支障が出る(文字を書くと紙が濡れる、汗が気になって握手ができないなど)

また、重症度のセルフチェックは下記になります。
③と④である場合「重症」と診断されます。

多汗症のグレードチェック
  1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
  2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
  3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

“原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版”. (参照2021-2-26)

 

ワキガ・多汗症 目次

> ワキガ・多汗症TOP

ワキガについて

ワキガ対策

当院のワキガ多汗症治療

 

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

ご注意

ただいまご予約が大変混み合っているため、ご予約の受付は電話のみとさせていただきます。

お問い合わせの内容によっては、クリニックからの返信に2~3営業日のお時間をいただく場合がございます。

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

ご注意

ただいまご予約が大変混み合っているため、ご予約の受付は電話のみとさせていただきます。

お問い合わせの内容によっては、クリニックからの返信に2~3営業日のお時間をいただく場合がございます。

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

YouTube