女性ヘアー(発毛)

薄毛、抜け毛にお悩みの女性へ
~発毛・育毛・ヘアケア等様々なお悩みに対応致します~

髪の毛の悩みを抱える女性が増え続けています。

近年、髪の毛の悩みを抱える女性が急増しています。比較的若い年代の女性からの相談も増え続けています。

髪の毛のボリュームが落ち、ぺちゃっと潰れたようになってきた…。
つむじや髪の毛の分け目の地肌が目立つようになってきた…。
などの悩みを抱えている女性も多いようです。

職場や社会生活などのストレス、生活習慣の多様化などからくる不規則な生活が引き金となっている場合も少なくありません。
一度医師の診察を受ける事をオススメします。

お悩みチェック

2つ以上チェックがある場合はご相談下さい。
効果のある対策をご提案致します。

症例多数

当院の毛髪再生療法は高い発毛率を誇っております。
詳しくはこちらをご覧ください。

返金制度あり

万が一発毛が無かった場合、コース料金から処方代を除いた金額を返金致します。

写真で確認

初回・治療後等定期的にお写真を撮り、状態の比較をします。

遠隔診療対応

お電話で医師の診察を行い、お薬をご自宅に郵送する事もできます。

オリジナル処方薬

様々な処方薬の中からお一人おひとりに合ったお薬を処方致します。

 

保障があるから安心 発毛に自信があるから全額返金始めました

遠隔治療の流れ

原因はあるの?

女性の抜け毛は男性のように遺伝的要因によって引き起こされるものではありません。
主に女性ホルモンの乱れ頭皮のダメージ栄養のバランスなどが原因にあげられます。
しかし、女性の場合、原因が複雑に絡み合っている事が多く、現時点では原因の断定は難しいとされています。

ホルモンバランスの乱れ

ストレス

ストレスは緊張を生み、緊張は頭皮を硬直させます。
頭皮が硬直すると血行不良となり、当然、血液から栄養を受け取っている髪も栄養不足になりますので、髪の成長に影響がでます。

加齢

年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が不安定になり、髪の成長速度は低下し、細くなります。
皮脂分泌も減少するため、髪のツヤが失われます。
女性の場合、閉経前後に髪質と毛量変化に気づく事が多いようです。

ホルモン剤

長期服用中の経口避妊薬を急に中止してしまうと、ホルモンバランスが乱れ、髪のボリュームが落ちる場合があります。

頭皮へのダメージ

ヘアカラー、パーマ、スタイリング剤

オシャレには欠かせないカラーや白髪染め、パーマ等。これらのカラーリング剤やパーマ液が頭皮にダメージを与え、髪の毛の発毛と育毛を妨げてしまう場合があります。

喫煙

タバコを吸うと血管が萎縮します。
当然、頭皮の毛細血管も細くなるので、栄養が十分に運ばれなくなり、抜け毛の原因になります。

栄養バランス

無理なダイエット

無理なダイエットや極端な減量は栄養失調状態を作り、当然そうなると髪を作るための栄養も減少することになり、髪の毛の発毛と育毛に悪影響を及ぼします。

夜更かし

寝不足が続くと体の機能が低下します。機能の低下が最も早く現れるのが皮膚や頭髪の修復機能です。
髪の健康を保つには午後10時~午前2時の間に深い眠りについているのがベストです。

食習慣

髪に良い食べ物と問われると、「わかめ」「ひじき」などの海藻類が真っ先に思い浮かぶかもしれません。
しかし、1種類の食品を大量に摂取するよりもバランスの取れた食習慣が重要だと言えます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
美容コラム「髪に良い食べ物悪い食べ物とは?」
美容コラム「髪に良い食べ物悪い食べ物とは?」

一人で悩まずご相談下さい。
髪についてアドバイスさせて頂きます。

価格は抑えたいが、注入でしっかりと効果を得たい方

副作用が気になる方、安全性が心配な方

注入までは考えてないが、発毛したい方

今後の対策として、抜け毛予防、現状を保ちたい方

まずは自宅でセルフケア

 

髪の毛の治療

育毛と発毛の違いとは

育毛とは、現在生えている髪を健康に育てる事です。太く抜けにくい髪に育てる事。
それに対し、発毛は髪の抜けた場所に髪を生やす事です。

ウィッグや人口毛での増毛法も存在しますが、出来るかぎり自分自身の頭に髪を生やす事がベストな形でしょう。
当院では発毛と育毛の両方の視点からアプローチをかける事も可能です。

発毛と育毛を促す治療方法

発毛、育毛に効果的な治療方法を知っているのはプロです。
プロである医師は膨大な量の経験と過去の症例をもとに効果的な発毛、育毛方法を熟知しています。
当然、医師に相談するのが最も早い解決方法の一つであるといえます。

当院では医学的根拠に基づき、発毛と育毛を促すための治療を行っております。
髪のお悩み相談から治療まで誠心誠意サポートさせて頂きます。

ここで、当院の治療方法を紹介致します。

毛髪再生療法

脱毛の度合いに応じて、患者様に適したカクテルの投与方法を医師が判断し治療を行っていきます。

HARG療法

毛髪再生の有効成分を、頭皮に与えていく治療法で、医療機関でのみ施術が認められている発毛・育毛療法です。

PFC毛髪療法

自己血液から抽出した高濃度の成長因子を頭皮に与えていく最新の治療法です。

育毛サプリメント

育毛サプリメント

ホルモンバランスの崩れなどの要因により、薄毛に悩んでいる女性専用の飲む育毛剤です。

ヘアリバイバル

女性の発毛に必要な有効成分を配合した内服薬です。ホルモンバランスを整え、発毛を促します。

ル・ケアシリーズ

石油系界面活性剤・パラベン・シリコン・鉱物油・香料・着色料フリーのヘアケア商品、ル・ケアシリーズです。

リポゲイン

リポゲイン 発毛成分“ミノキシジル” 3%含有

発毛成分“ミノキシジル”が3%含有された痒みや発疹の出にくい女性用育毛剤です。

ロゲインフォーム

米国のファイザー社が開発したミノキシジル含有の塗るタイプの育毛剤(外用剤)です。

薬用スカルプエッセンス

薬用有効成分がダイレクトに毛根まで浸透し、豊かな黒髪を育てる薬用育毛剤です。

 
 

症例写真

治療名 毛髪再生療法+ヘアリバイバル
経過期間 6ヶ月
費用概算 524,667円(税抜)
患者様属性
(治療時)
60代 女性
リスク・副作用 初期脱毛、多毛、疼痛、内出血、むくみ、不正出血、利尿作用
毛髪再生療法 ヘアリバイバル ロゲイン
毛髪再生療法 ヘアリバイバル ロゲイン

治療名 毛髪再生療法+ヘアリバイバル+ロゲイン
費用概算 514,000円(税抜)
患者様属性
(治療時)
30代 女性
リスク・副作用 初期脱毛、多毛、疼痛、内出血、むくみ、不正出血、利尿作用

関連動画

関連記事

美容コラム

髪に良い食べ物悪い食べ物とは?

髪に良い食べ物って何?と問われるとよく「わかめ」「ひじき」などの海藻類と答える方が多くおられます。しかし、海藻類だけ食べていたら大丈夫と言うわけではありません。

 
 
 

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

その他の診療内容

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

Youtube