豊胸シリコンバッグの抜去術

こんな方におすすめ

  • 最初から形が悪かった
  • バッグが硬くなった
  • バッグが破れた
  • バッグの大きさを変えたい

当院の豊胸シリコンバッグの抜去の特徴術

point1
他院で挿入したバックも対応可能
point2
低侵襲でのOPE

手術方法

豊胸シリコンバッグの抜去

シリコンバッグ除去

バッグ(人工乳腺)を取り除く手術です。他院で挿入したバッグの取り出しも対応しております。経験豊富な医師が担当いたしますので、安心・安全、抜去後の胸を美しく健康に保ちます。

 
豊胸バック抜去とは?

※アンダーバスト・腋の下・乳輪周囲のいずれから摘出します。
※バッグやバストの状態に合わせて、当院では乳腺を傷つけないように治療のご提案をさせていただきます。

バック抜去後にヒアルロン酸を注入

豊胸シリコンバッグ抜去後のヒアルロン酸注入

抜去後、バッグが入っていた周囲には傷跡組織による皮膜が出来ています。
その皮膜の中に「低吸収ヒアルロン酸」を注入すると、皮膜が防水バリアの役割を果たし、そこへヒアルロン酸を注入すると長持ちするメリットがあります。同日、ヒアルロン酸注入も可能です。

※豊胸ヒアルロン酸注入のページはこちら→豊胸ヒアルロン酸注入

治療の流れ

施術前

①カウンセリング

まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

②医師による診察

次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。

③写真撮影

治療前の状態を写真で撮影します。

施術

①麻酔

局所麻酔をし、消毒します。

②施術

バッグを抜去し縫合します。

③保護

施術箇所を保護します。

施術後

①ご説明

施術後の注意事項を説明します。

7~10日後

②抜糸

7~10日後に診察・抜糸します。

ダウンタイム

施術時間 約1時間45分(カウンセリング・診察・施術)
麻酔 局所麻酔
通院頻度 1~2回
治療前後の注意事項 ・胸を濡らさないようにすれば、当日よりシャワー可、入浴は1週間後より可能です。
・アルコールは1週間は禁止です。
・注入後2~3日は治療部位のマッサージ、圧迫はお控えください。
・うつ伏せ、激しい運動は1ヶ月間はお控えください。
・サイズの合わないブラジャーは使用しないでください。(注入物が移動するリスクを回避するため)
禁忌 ・妊娠中、妊娠の可能性のある方
・アレルギー、特異体質の方
・出血性疾患患者
・注入部位に皮膚疾患がある方
・麻酔を使用し、ショックを起こしたことがある方

料金

豊胸シリコンバッグの抜去
片側
200,000円(税抜)
両側
400,000円(税抜)
 

こちらもおすすめ

シリコンバッグ豊胸術

Motiva
Establishment Labs社のMotiva

シリコンバッグと呼ばれる人工乳腺バッグを挿入する手術です。

 

豊胸

ヒアルロン酸注入

バストにヒアルロン酸を注入し、形や大きさを整えるバストアップ方法です。