ミラドライと ビューホットの 違いはなんだろう?

厚生労働省 認可機器 大きな違いとして、「ミラドライ」は日本の厚生労働省やFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を得ているため、治療における安全性が高く、治療における効果も国に認められているということです。「ビューホット」は未承認器なので、効果は実証されていません。

治療方法の違い

■ミラドライ

広範囲

ワキの下の汗腺があるエリアのみにマイクロ波を広範囲に照射し、2種類の汗腺に熱ダメージを与えて、汗腺の発汗機能を停止させます。電子レンジと同じ原理の為皮膚表面には傷はつかず、汗腺のみがあるエリアのみに効果を発揮します。吸引による腫れや内出血がおこりますが、1週間~10日ほどで徐々に消失します。

■ビューホット

ピンポイント

昔からあるフラクショナルRFと言うテクノロジー(高周波)を利用しています。皮膚に針を刺し、深さを変えながら熱を浸透させて汗腺にダメージを与えています。皮膚に針を刺すので術後は患部にかさぶたができますが、1~3ヵ月ほどで目立たなくなっていきます。

治療方法の違いのポイント ミラドライ・マイクロ波 ・広範囲に照射 ビューホット・高周波 ・ピンポイントに照射

施術範囲

■ミラドライ

広範囲

マイクロ波を広範囲に照射するので広範囲に存在しているエクリン汗腺も逃さず当てることが出来ます。また、マイクロ波は電波の性質から、水を多く含んでいるものが早く熱くなります。ですから、汗(水分)を作るエクリン汗腺にも非常によく反応するのでわきが・脇の多汗症どちらの治療にも適しています。

■ビューホット

ピンポイント

昔は毛穴一つ一つに針を刺し毛根を焼き切っていましたが、それを一度に行うことが出来るようになったのが、ビューホットです。カートリッジに内蔵されている針が深さを変えながら熱を浸透させて汗腺にダメージを与えています。効果が現れやすいのは針先周辺のみ為、数が少ないアポクリン汗腺に効き目はありますが、表皮に何万個と存在するエクリン汗腺全てに適切な効果をあたえることは難しいとされており、多汗症の治療にはあまり向きません。

施術範囲のポイント ミラドライ・広範囲・ワキガ・多汗症 どちらにも適している ビューホット・ピンポイント・多汗症治療には あまり適していない

施術に適している部位

ワキガ チチガ スソワキガ

ミラドライはワキやスソワキガ(Vライン・Iライン上部)に施術が可能です。水分によく反応しますがヘッドが大きい為細かな部位への施術に向きません。
多汗症の治療には不向きな「ビューホット」ですが、ヘッドが小さい為、エクリン汗腺が少なく細かな箇所の臭いの治療チチガやスソワキガ(Oライン・Iライン)に向いています。

施術可能な部位のポイント ミラドライ・ワキガ・汗をかく場所・広範囲の部位に適している ビューホット・チチガ・スソワキガ・あまり汗を かかない場所・狭い部位に適している

ミラドライもビューホットもどちらも切らないワキガ治療ですが、そもそもの構造や治療の仕組みが違います。どちらが自分に適しているのかしっかりと見極めて治療を選びましょう。

関連ページ

ワキガを根本から治療したい

ミラドライ
ミラドライ

汗腺に熱ダメージを与えることで汗腺の発汗機能を停止させ、ワキ汗や臭いを抑え、長期的な効果が期待できます。

多汗症を改善しニオイも軽減。

多汗ボトックス注射

当院で使用しているボツリヌス毒素製剤は安全性の高い製剤を使用しております。

 

1回の使用で3~5日間効果が持続する制汗剤

パースピレックス
パースピレックス

市販の制汗剤では抑制が難しかった、手の平や足の裏の汗にも効果的です。

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。