小陰唇縮小術

デリケートな部分のお悩みに・・・

こんな方におすすめ

  • 小陰唇の黒ずみが気になる
  • 小陰唇の左右差が気になる
  • 摩擦による痛みがある
  • 小陰唇を小さくしたい

 

小陰唇の黒ずみや左右差・摩擦による痛みなど、デリケートなお悩みを抱える女性は少なくありません。
小陰唇縮小術は、そんなお悩みを一気に解決できる治療です。
当院の小陰唇縮小法では仕上がりのデザインを重視し、単に邪魔な部分だけをカットしました、という風にならないように、きれいに自然に見えるように縮小していきます。
片方のみの切除などの場合、左右対称となるように反対側の小陰唇と合わせてきちんとデザインし、丸みを帯びた曲線のキレイな小陰唇に仕上げます。

当院の小陰唇縮小術の特徴

point1
婦人科専門医による診察・治療
point2
入院不要
治療当日にお帰り頂けます
point3
自然な仕上がり

女性カウンセラーによるカウンセリングで、今までのお悩み・希望の形を詳しくお伺いします。 治療前にご希望の形を確認しながら、左右差をなくししっかりとデザインを行います。
メス・電気メスを使用し、切開していき、吸収糸で縫合して終了です。
吸収糸を使用するため、抜糸の必要はありません。

治療の流れ

施術前

①カウンセリング

まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

②医師による診察

次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。

施術

①麻酔

治療部位のデザインを確認し、局所麻酔をします。

②施術

左右差に注意しながら、小陰唇を切除し、
吸収糸で縫合します。

施術後

①ご説明・処方

施術後の注意事項を説明し、お薬を処方します。

※1週間後に経過診察を行います。

ダウンタイム

施術時間 片方/約1時間30分(カウンセリング・診察・施術)
両方/約2時間(カウンセリング・診察・施術)
麻酔 局所麻酔
通院頻度 2回
治療前後の注意事項 ・抗生剤、痛みどめ3回分を処方します。
・手術後、うっすらと血が滲むことがあります。ガードル等で圧迫します。
・手術後、7日後に経過診察を行います。
・シャワーは当日、入浴は7日後から可能です。
・激しい運動は2週間禁止、性行為は1ヶ月は控えてください。
禁忌 ・妊娠中・妊娠の可能性のある方
・アレルギー・特異体質の方
・出血性疾患患者
・麻酔を使用しショックを起こしたことがある方

料金

小陰唇縮小術
片側
168,000円(税抜)
両側
280,000円(税抜)
 
 
*上記料金には、麻酔代と定量の薬代(痛み止めなど)が含まれます。