鼻翼縮小術

小鼻を小さくして顔のバランスを整える。

こんな方におすすめ

  • 鼻の穴を小さくしたい方
  • 鼻の穴が横に広がっている方
  • 小鼻が横に張り出している方
  • 小鼻を小さくしたい方

当院の鼻翼縮小術の特徴

point1
傷痕最小限で目立ちにくい
point2
デザイン・こだわり施術専門医師
point3
広がった小鼻の改善

鼻翼縮小術とは?

小鼻が横に広がっていると、鼻の穴が大きく見え、男性的な印象になります。 小鼻の付け根を一部取り除き鼻翼を小さくすることで、バランスの良い鼻にすることができます。 傷痕も、小鼻の溝にそって切開するためほとんど目立ちません。
医師がお一人おひとりの鼻の形や悩みに合わせて、治療を行っています。

鼻翼縮小術のメリット

張り出しの原因となる余分な部分を切開で取り除きます。小鼻の溝に沿って切開するので、傷跡も最小限で目立ちません。また、効果は半永久的に持続します。

鼻翼の付け根より外に鼻翼が張り出している方は、外側を切除します。鼻尖の中央からの距離を均等に測定し、左右の切除幅を調節します。鼻翼自体のボリュームが小さくなり効果が大きい方法です。

症例写真

治療名 鼻翼縮小術
費用概算 280,000円(税抜)
患者様属性
(治療時)
60代 女性
リスク・副作用 腫れ、内出血、熱感、発赤、疼痛

治療の流れ

施術前

①カウンセリング

まずは、カウンセラーによる問診を行い、お悩み・質問など丁寧にお聞きします。

②医師による診察

次に医師による診察を行います。現在の状態や今後の治療に関してご説明いたします。

施術

①マーキング

切開するラインをマーキングします。

②麻酔

局所麻酔を行います。

③施術

マーキングにしたがって切開し
キレイに縫い合わせます。

④保護

テープ保護を行います。

施術後

①ご説明

施術後の注意事項を説明します。

1週間後

①抜糸

抜糸します。

ダウンタイム

施術時間 約1時間30分
麻酔 局所麻酔
通院頻度 1回
治療前後の注意事項 ・術後、抗生剤・鎮痛剤の内服薬を処方します。
・当日よりシャワー浴のみ可能です。(術部を触る・濡らすのは厳禁)
・入浴は翌日から可能です。
・翌日よりメイク可能ですが、術部は抜糸するまでメイクはできません。
・アルコールは1週間禁止してください。
・激しいスポーツ、顔への強いマッサージは1ヶ月禁止です。
禁忌 ・妊娠中、妊娠の可能性のある方
・アレルギー、特異体質の方
・出血性疾患のある方
・麻酔を使用しショックを起こしたことがある方

料金

鼻翼縮小術
280,000