ワキガ対策に消毒液は有効?ワキガクリームなどの効果は?

ワキガの原因の一つに、皮膚常在菌が臭いの原因物質を生成することがあります。

医療の現場では、皮膚常在菌を抑制する目的でエタノール、クロルヘキシジン、塩化ベンザルコニウム、トリクロサン、トリクロカルバン、ヘキサクロロフェンなどが用いられます。

消毒液単体での有効性の報告は少ないですが、消毒薬のトリクロサン含有の外用薬を使用すると腋の細菌数が減少し、臭いも改善すると報告があります。

トリクロサンは、デオドラント製品や歯磨き、洗顔料など様々な製品に含まれていますが副作用の報告も示唆されているので注意が必要です。

またトリクロカルバン、ヘキサクロロフェン含有石鹸で、腋を洗浄すると48時間は改善がみられました。
ただし、使用を中止すれば元に戻るので継続した使用が必要です。

ワキガクリームなどの効果は?

どのくらいの効果があるのかは製品によりますが、消毒薬を配合した石鹸やデオドラント製品の有効性はある程度文献でも示されています。

市販されているワキガクリームなどの製品も多数あります。
消毒または制汗を目的としたものが多いようです。

それぞれ使用されている消毒薬が違います。
アレルギーなどの副作用もありますので、肌に合うものを選ぶことが重要です。

またワキガクリームとして売られている商品のほとんどは医薬部外品ですが、稀に医薬部外品ではないものもあるので、「医薬部外品」と記載されているものを選びましょう。

薬ではないので、治療効果はありません。
あくまでも抑制するものである事を理解した上で購入しましょう。

おすすめの製品

1回の使用で3~5日間効果が持続する制汗剤

パースピレックス
パースピレックス

市販の制汗剤では抑制が難しかった、手の平や足の裏の汗にも効果的です。

 

保険で処方できる日本初のわき汗治療外用薬

エクロックゲル
エクロックゲル

エクリン汗腺の交感神経から司令をブロックすることで、発汗を抑えます。(福岡院のみ)

 

古谷 純朗 (2015)
形成外科診療 ガイドライン7 体幹・四肢疾患7
金原出版株式会社

 

ワキガ・多汗症 目次

> ワキガ・多汗症TOP

ミラドライについて

ワキガについて

ワキガ対策

当院のワキガ多汗症治療

 

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

ご注意

ただいまご予約が大変混み合っているため、ご予約の受付は電話のみとさせていただきます。

お問い合わせの内容によっては、クリニックからの返信に2~3営業日のお時間をいただく場合がございます。

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

ご注意

ただいまご予約が大変混み合っているため、ご予約の受付は電話のみとさせていただきます。

お問い合わせの内容によっては、クリニックからの返信に2~3営業日のお時間をいただく場合がございます。

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

YouTube