豊胸術の治療前後の画像検査、乳がん検診について

セイコメディカル 今月の特集ミラドライセイコリフトエムスカルプト憧れの顔に近づくヒアルロン酸治療 韓流美人

豊胸術を受けると、乳がん検診を避けてしまう傾向があるようです。

それは、検診を受けることによって

  • 治療をしていることがバレるのが恥ずかしい
  • 会社の健康診断で乳がん検診もあるが、会社に治療をしていることがバレるのではないか
    (実際には何かあっても個人宛に直接通知されるはずです。)

との理由です。

当院は、豊胸治療(人工乳腺バッグ、脂肪注入、ヒアルロン酸注入)を行なっており、治療前には必ず乳がん検診を受けて頂き、さらに治療後も乳がん検診を避けることなく定期的に受けていただくようお話ししてきました。

今までも、鹿児島市内の方であれば、「博愛会 相良病院」での検診をお勧めしていましたが、この度、相良病院と正式に「豊胸術の治療前後の画像検査、乳がん検診」について提携しました。

博愛会 相良病院

相良病院は、乳がんの検診などの画像検査は年間約3万人、乳がんの手術数は年間約700人と日本でもトップクラスの乳腺の専門病院です。

豊胸術の治療前後の画像検査、乳がん検診について

こちらのページより参照)

人工乳腺バッグや脂肪注入やヒアルロン酸注入のことを知らない医師による検診では、誤診を招くこともあります。

相良病院では、豊胸術に関しても精通したドクターが多く、豊胸術後の検診時にしこりなどが見つかった場合、豊胸術によるものなのか、乳がんによるものなのか正確に診断できます。

今後も、当院では豊胸術を安心して受けていただくために、安全に治療を行い、治療後のアフターフォローをしっかりと行なっていきますのでよろしくお願い致します。

当院の豊胸治療についてさらに詳しく

豊胸をご覧ください。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

関連記事

  1. 【エムスカルプトの症例】20代女性(4回治療後、腹囲9cm減…

  2. ノーマル 二重術

    二重治療、ノーマル二重術を行った患者さんの症例解説

  3. お悩み別、豊胸・乳頭・乳輪。とろけるようなもっちりバストへ。

    【豊胸術】 美しいバストと治療法(日本アンチエイジング外科学…

  4. 絶縁針で痛みを軽減。レーザー等では脱毛しにくい白髪や、乳輪など色素沈着がある部位を脱毛。

    脱毛の技術について

  5. 自然な仕上がりで鼻を整える 体内に分解され安全性が高く持続性が長いPCL素材を使用したスレッドを鼻に挿入することで、鼻を高くし鼻筋を通す施術に適したスレッド療法です。

    糸による隆鼻術 Gメッシュ症例のご紹介

  6. 他院で二重切開法、眼瞼下垂治療後、幅を拡大した二重の症例