破れたシリコンバッグの除去

セイコメディカル 今月の特集ミラドライセイコリフトエムスカルプト憧れの顔に近づくヒアルロン酸治療 韓流美人

20年以上前に他院で豊胸術を行い、バッグ抜去を行った治療についてです。
(症例写真へのご協力ありがとうございます)

当院受診まで

生理食塩水バッグを入れたものの、10年ほどしてバッグが破れてしまい、バッグのみ残った状態で過ごされていました。
特に困ったことはなかったとのことでしたが、バッグが残っているためか乳がん健診をずっと受けておらず、そろそろ検査を受けたいと思われ、その前にバッグを抜去しとこうということで当院にご来院された方です。

治療方針

触診上、アンダーバストのライン付近に、バッグのヘリが触れましたので、できるだけ小さい傷から、バッグを抜去できるよう乳房下溝線(アンダーバストの位置)から約1センチほど切開し、バッグを抜去する予定で治療を始めました。

治療中

通常通り、バッグを同定して(見つけて)、バッグの周囲の被膜を破ったとたん大量の粘液が漏出・・・
体液ではなく、シリコンでした!

20年以上前に行われた豊胸術は、生理食塩水バッグによるものではなくシリコンバッグでした。

患者様からの情報と、触診ですぐバッグがどこにあるか分かったので、安易に生理食塩水バッグが破れた状態だろうと判断してしまったのが間違いでした。

幸い、切開を1センチから1.5センチほどに広げたぐらいで、無事シリコンバッグと中身のシリコンを除去し、被膜の中を綺麗に洗浄できました。

抜去したシリコンバッグ

20年以上もたつと、写真のようにかなり破損しています。
治療後、大きさが変わる、痛みが出る、変形するなどの異変がある場合、バッグが破れている可能性があります。

当院では、シリコンバッグや整理食塩水バッグなどの抜去術や、抜去後の新しいシリコンバッグへの入れ替えを行っています。
(新しいシリコンバッグへの入れ替えは鹿児島院のみでの治療になります。)

この治療についてさらに詳しく

豊胸シリコンバッグ抜去術をご覧ください。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

関連記事

  1. 【糸によるリフトアップ治療】 片側2本だけ使用した症例(治療…

  2. 糸によるリフトアップ治療の症例写真

  3. シリコンバッグ(Motiva)による豊胸症例解説

  4. 30代女性、たれ目形成術(下眼瞼下制術、グラマラスライン)の…

  5. 豊胸バックの症例のご案内

  6. 垂れ目形成術の1ヶ月後の症例解説