痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3

セイコメディカル 今月の特集ミラドライセイコリフトエムスカルプト憧れの顔に近づくヒアルロン酸治療 韓流美人

エムスカルプト治療は福岡院で行っています。

【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究を発表した論文を紹介します。

本日は、【腹部】MRIによる筋肉&脂肪への同時効果
についての論文を解説します。

論文について

原題
High intensity focused electromagnetic therapy evaluated by magnetic resonance imaging: Safety and efficacy study of a dual tissue effect based non‐invasive abdominal body shaping
著者
Brian M. Kinney MD; Paula Lozanova MD
掲載
Lasers in Surgery and Medicine: 10 October 2018
痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3

Lasers in Surgery and Medicineの2018 Oct 10. doi: 10.1002/lsm.23024. 
に掲載されています。

論文の要旨

Abstract

    OBJECTIVES
    This study introduces an initial evaluation of a novel High-Intensity Focused Electromagnetic (HIFEM) technology. The primary goal is to quantify any effects the treatments may have on abdominal tissues, as well as to establish hypotheses for future research of this technology.
    METHODS
    Twenty-two patients received four abdominal treatments using the EMSCULPT device (BTL Industries Inc., Boston, MA). Anthropometric evaluations were recorded and digital photographs were taken at baseline, at 2 months, and at 6 months post-treatments. The MRI without contrast determined by vertertebras T12 and S1 (FIESTA and FSPRG sequences) was used to measure dimensions in coronal cross-sectional images of abdominal muscle and fatty tissues, in order to assess any anatomical changes induced by the application.
    RESULTS
    Analysis of the same MRI slices verified by tissue artefacts showed a statistically significant (all P < 0.0001) average 18.6% reduction of adipose tissue thickness, 15.4% increase in rectus abdominis muscle thickness, and 10.4% reduction in rectus abdominus separation (diastasis recti) as measured from the medial border of the muscle 2 months post-treatment. More significant improvements were observed in patients with BMI 18.5-24.9 (classified as “normal”). MRI data from 6-month follow-up suggest the changes can be preserved in longer term. Tape measurements showed on average 3.8 cm subumbilical circumference reduction. The weight of the subjects did not change significantly (average -0.5 lb; P > 0.05). No adverse events were reported.
    CONCLUSIONS
    MRI, considered as a highly precise diagnostic method, revealed simultaneous muscle growth, fat reduction and reduced abdominal separation at 2 months and at 6 months post treatments, unrelated with dieting. Further research should investigate the exact physiological processes which stand behind the tissue changes observed in this study. Lasers Surg. Med. © 2018 The Authors. Lasers in Surgery and Medicine Published by Wiley Periodicals, Inc.

要点を抜粋します。

目的
新しい高密度焦点式電磁(HIFEM)技術の評価
方法
被験者22名がエムスカルプト装置腹部治療を4回受けた。
治療前、2ヶ月後および6ヶ月後にデジタル写真を撮影した。
MRIで、腹筋および脂肪組織の冠状断面画像の寸法を測定した。
結果
MRIでは、治療2ヶ月後に筋肉の内側縁から測定した結果、脂肪組織厚が平均18.6%減少腹直筋厚が15.4%増加腹直筋離開が10.4%改善と、統計的に有意な(全て P < 0.0001)変化が観察された。
「標準」とされるBMI値18.5~24.9の患者においては、より有意な改善が観察された。
6ヶ月後のフォローアップから得られたMRIデータにより、変化が長期間に継続することが示された。
メジャー測定により、平均3.8cmの臍下の腹囲減少が確認された。
被験者の体重における有意な変化はなかった(平均-0.5lb; P > 0.05)。
有害事象は報告されなかった。
結論
非常に正確な診断法とされるMRIにより、治療2ヶ月後および6ヶ月後に、ダイエットとは無関係の筋肉の成長、脂肪の減少、および腹直筋離開の改善が明らかにされた。

体の輪郭に影響を与える脂肪と筋肉について(論文より)

この論文では、脂肪と筋肉について、以下のように述べられています。

 皮下脂肪は、人体の約25%を占めるため、患者の体の輪郭に影響を与える重要な要因である。

しかし、筋肉組織は人体のより大きな部分を占めている(男性42%/女性36%)。そのため、個々の体型によって、患者の筋肉状態は美的外見を形成する上で、脂肪と同等もしくはより重大な役割を果たしている。

それにもかかわらず、現在のところ、筋肉を自然に強化するための方法は身体的運動のみである。

従来の痩身治療は、「脂肪」にのみ働きかけるもので、「筋肉」に対する治療はありませんでした。

論文のデータ

痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3

対象となった22名の患者さんのデータです。

  • 2~5日間隔で4回の治療を受けた。
  • 腹囲は臍下5センチの位置を測定した。
  • 副作用が6名に確認された。(初回の治療から1日後の軽度の筋肉痛)
  • 筋肉痛は24時間以内に治まった。
  • 生活習慣や食事摂取量における大きな変化はない。
痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3
痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3

被験者の平均の変化(治療後2ヶ月後)

  • 脂肪厚は18.6%減少
  • 筋肉厚は15.4%増加
  • 腹直筋離開は10.4%改善
痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3

22名中無作為に選ばれた4名の6ヶ月後のMRIのデータです。
筋肉厚は増加し続け、腹直筋離開も短縮し続けています。

論文中の症例

痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3

左 治療前
右 治療後2ヶ月後

MRIとデジタル写真です。

  • 男性 30歳
  • BMI 24.8kg/m²→24.5kg/m²(2ヶ月後)
  • 体重 -2.2lb.(-1.2%)
  • 皮下脂肪 -30.3%(白線)
  • 筋肉厚 +13.7%(緑線)
  • 腹直筋離開 -24.9%(赤線)
  • 腹囲 -3cm

全ての効果の組み合わせにより腹部が全体的に改善しています。

痩身治療器【エムスカルプト emsculpt】の臨床研究や論文について パート3

左 治療前
右 治療後2ヶ月後

  • 女性 52歳
  • BMI 25.1kg/m²→24.4kg/m²(2ヶ月後)
  • 体重 -4.4lb.(-2.9%)
  • 皮下脂肪 -32.9%
  • 筋肉厚 +19.4%
  • 腹直筋離開 -15.9%
  • 腹囲 -5.7cm

この患者さんも全ての効果の組み合わせにより腹部が全体的に改善しています。

まとめ

エムスカルプトの腹部の変化をMRIで測定した文献を紹介しました。

エムスカルプトにより腹部組織において3つの同時効果(筋肉が厚くなり、皮下脂肪が減少し、腹直筋離開が改善する)を誘発するという仮説が立てられるだろうと結論づけられています。

この治療についてさらに詳しく

エムスカルプトをご覧ください。(特設サイト)

エムスカルプト治療は福岡院で行っています。

お問い合わせ、ご予約はページ下記「お問い合わせ」よりお電話・メールでお願い致します。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山浩輔

ご注意

お問い合わせの内容によっては、クリニックからの返信に2~3営業日のお時間をいただく場合がございます。

営業時間は、10:00~18:00です。 不在の場合はコールセンター(092-738-1730)の番号から折り返しお電話致します。

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

ただいまご予約が大変混み合っているため、ご予約の受付は電話のみとさせていただきます。

予約ご希望の方は、こちらよりお電話にてご予約いただけます。

お問い合わせをご希望の方はこちらのフォームより必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

予約ご希望の方は、こちらよりお電話またはメールにてご予約いただけます。

お問い合わせをご希望の方はこちらのフォームより必要事項をご入力の上、送信ください。

関連記事

  1. シリコンバック(350cc)を入れ替えて、1カップサイズを下…

  2. 今までにない高濃度ヒアルロン酸 濃度が高く高密度の新しいヒアルロン酸です。 持続力が長く、『粘性・弾性』があるため、鼻や顎などの部位の形の維持に適しています。

    鼻整形に適したヒアルロン酸製剤 クレヴィエルコントアとは?

  3. 【全部おまかせボトックス】不自然や、怒った顔、こわばった顔に…

  4. 福岡院に痩身治療機器「エムスカルプト」を導入しました

  5. 絶縁針で痛みを軽減。レーザー等では脱毛しにくい白髪や、乳輪など色素沈着がある部位を脱毛。

    脱毛の技術について

  6. 10月の新料金

鹿児島院カレンダー

2022年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

完全休診日(電話受付も不可)

二診日(外科/皮膚科)

外科日

※白いところは皮膚科日です。

福岡院カレンダー

2022年 12月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

完全休診日(電話受付も不可)

二診日(外科/皮膚科)

外科日

※白いところは皮膚科日です。

TOPICS

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。