「たれ目形成術」のデザインに関する解説

最近、数多く「たれ目形成術」を行うことが多く、その際色々とご質問をいただきます。

おそらく「たれ目形成術」の治療をご検討している患者さんが知りたいであろうデザインの3つのポイントについて私なりの考えを前回掲載した症例写真を使って解説します。

上 治療前 下 治療直後

【3つのポイント】

ポイント1

自然なアーモンド型になる

アーモンド型とよく表現されますが、中央から外側にかけて一旦、下向きに下がってそれから緩やかに上がるラインが美しいとされています。
治療後の形がまさしく「アーモンド型」です。
ただし、この下り具合が急だったり、下がりすぎだったりすると不自然なアーモンド型になりますので、注意が必要です。

ポイント2

左右差を無くす


細かく見ると元々目元は左右差があることが多いです。
この方も、左右の外眼角部の位置(矢印緑)が違います。右が低く、左が高いです。また同じ部位に赤い線を引くと、治療前は左の中央部が高い位置にあります。
簡単に表現すると、治療前は左目が強い「つり目」の状態であることがわかると思います。

左右差がある状態の場合、左右の下瞼の下げる位置や、下げる幅を調整することで出来るだけ左右差を無くすことができます。


 この患者さんの場合、右目より左目の下げる位置をやや外側にして、さらに左を強く下げています。


 外眼角部の位置(緑の矢印)は変わりませんが、強かった左目の「つり目」は改善していることがわかるかと思います。

ポイント3

下三白眼にならない

中央部が強く下に下がると、「下三白眼」といって黒目の下の縁が見える状態になってしまいます。この状態は「異様な」印象を与えることがありますので、基本的には下三白眼にはならない様に治療します。

 しかし縁の大きいカラコンをすることで目立たなくなりますので、普段大きめのカラコンをつけている方は、時折「下三白眼になってもいいので、中央も下げて欲しい」と希望されます。

実は左目(黄色矢印)がギリギリ下三白眼になっています。治療直後はやや過剰にさげても必ず後戻りがあるので、この程度であれば問題ありません。

治療名 切らないたれ目形成術(両目)
費用概算 65,000円(税抜)
患者様属性
(治療時)
20代 女性
リスク・副作用 目元のゴロゴロ感 つっぱり感 目やに 内出血 左右差 ドライアイ

次回は、切る方法2つについてと、切らない方法について解説します。

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。