日本皮膚科学会☆美容医療と化粧品のコンビネーションセラピーによるQOL向上

セイコメディカル 今月の特集ミラドライセイコリフトエムスカルプト憧れの顔に近づくヒアルロン酸治療 韓流美人

京都で行われた皮膚科学会へ参加してきました。

東京慈恵医大の上出良一教授座長の元、資生堂リサーチセンターの野田章様と一緒に、イブニングセミナー発表を行なって参りました。

皮膚科学会のような大きな場での発表は初めてでしたので、緊張しましたが、多くの方々の支えの元、無事に発表終了しました。

60名の患者様もアンケートご協力ありがとうございます!尊敬する方々も応援して下さり、皆様に感謝の気持でいっぱいです。

「美容医療と化粧品のコンビネーションセラピーによるQOL向上」という題目での発表でした。

美容医療を行う上で、治療前後のスキンケアは必ず必要です。

特に美容にとって、紫外線対策は重要ですので、「安全性の高い・高い紫外線防止効果のある・使用感触の良い」日焼け止めを、正しく使っていくことは重要です。

今回の講演では「光安定性」についてもお話がありました。

「光安定性って?」

同じSPF・PA値でも同じ紫外線防止効果ではないんです。光安定性のよくないものを使用していると、いくら高いSPF・PAの日焼け止めでも簡単に日焼けしてしまうんです。

数値をそのまま信じていると怖いですよね。

くわしくご興味のある方は、クリニックでご説明しますね☆

これからも正しい情報を提供できるよう、勉強していきます。

セイコメディカルビューティクリニック 曽山

ご予約・お問い合わせ(鹿児島院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

ご予約・お問い合わせ(福岡院)

以下より必要事項をご入力の上、送信ください。

関連記事

  1. 第39回日本医学脱毛学会~金沢~

  2. メディカルスキンケアセミナー in名古屋

  3. 美容皮膚科学会☆

  4. オバジスキンケアセミナーのご報告

  5. 「アミュプラザ♪院長トークショー&BRIDAL EXPO」

  6. 第40回日本医学脱毛学会 参加報告☆