妊活・妊娠・授乳中のゼオスキンヘルス

妊娠するとシミが濃くなる?

女性ホルモン

妊娠するとシミが濃くなったり、増えたりすることがあります。
これは、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)がメラノサイトを活性化して、メラニン色素の生成を促すからと考えられています。
エストロゲンとプロゲステロンは、もともとは卵巣から分泌されますが、妊娠すると胎盤でも作られるようになり、妊娠前よりもシミやそばかすが出来やすくなります。

妊活・妊娠・授乳中にゼオスキンヘルスは使えますか?

よくある質問の一つに

妊娠中(妊活中・授乳中)にゼオスキンヘルスは出来ますか?

というものがあります。

ゼオスキンヘルスの会社的には、
ARナイトリペア・スキンブライセラム・Wテクスチャーリペアなどの高濃度レチノール以外は使用OKとされていますが、妊活中・妊娠中・授乳中の方はトレチノイン・高濃度レチノールの使用はやめましょう。

当院では、上記に加えてハイドロキノン(ミラミン・ミラミックス)は、妊娠中(授乳中)の方には処方しておりません。
ハイドロキノンは、非常に優秀な美白剤ですが副反応が出る方も非常に多いです。
アレルギーがある方もいらっしゃいますので、お薬の使用が難しい妊娠中(授乳中)は赤ちゃんのことを第一に考えて使用しないようにしています。

もしも、ハイドロキノンを使用中に妊娠が分かった場合は、ご不安になり過ぎず使用を中止していただければ大丈夫です。

セラピューティックをやってみたい方もいらっしゃると思いますが、ぐっと堪えて妊娠・授乳が終わってからにしましょう。

高濃度レチノール
ハイドロキノン

とは言えシミが出来ると気になるのも女性心。

ゼオスキンヘルスには、レチノールを配合していない美白美容液(シーセラム・ブライタライブ)もございます。

シーセラムは、使い始めはピリピリとした刺激を感じる方もいらっしゃいますので、刺激の少ないブライタライブをおすすめ致します。

ブライタライブ

ブライタライブ

ジグルコシル没食子酸(ブライトニル)がシミやくすみを抑え、カンゾウ根エキス、ダイズイソフラボンがメラニン生成を抑え、パパインが古い角質をクリアにしてキメの整ったお肌へ導きます。
(ナッツアレルギーの方はご使用になれませんのでご注意ください)

妊娠中にオススメのゼオスキンヘルス

ほんの一例ですが、シミやくすみが気になる方は、

妊娠中にオススメのゼオスキンヘルス
デイリーPDは、光老化に負けない強いお肌を作ります。レチノールの入っていない美白美容液のブライタライブでお肌のシミやくすみのケア。
それから妊娠中は特にシミが出来やすいので、日焼け止めは欠かせません。
家の中にいても、毎日欠かさず塗りましょう。

小じわが気になる方は、Gファクターセラムやファーミングセラムをおすすめします。
こちらもレチノールは入っていません。

妊娠中にオススメのゼオスキンヘルス

ゼオスキンヘルスは、おひとりおひとりの悩みに合わせたプログラムを医師と一緒に考える製品です。
実際には、クリニックでドクターの診察のもとで製品を選びましょう。

子育てしていても美しくありたい貴方を応援してます。
素敵な子育てを✨

関連記事

ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキン殿堂入り
ゼオスキン殿堂入り

ゼオスキンヘルス取り扱い8年連続九州1位を経て、2020年に殿堂入りしました。

ゼオスキン殿堂入り

2020年に続き2021年も殿堂入りの盾をいただきました。

最近の記事

  1. デイリーPDからレチノールが消えた?!効果や代替品について

  2. 美しい肌を目指すにはオイルコントロールが重要!

  3. ゼオスキンヘルスでシミが悪化する?!

  4. ゼオスキン クリスマスキャンペーン

  5. ゼオスキンヘルスの洗顔料比較!

ピックアップ

  1. ミラミンとミラミックスの違い

  2. 若々しく見えるには首のケアも大切!

  3. デイリーPDなどの残量確認方法

  4. ニキビのお薬とゼオスキンヘルス

  5. ゼオスキンヘルスの日焼け止めが優秀な理由