美容液

ミラミン

美しく透明感のある肌へ

ハイドロキノンがくすみを抑える力をサポートし、肌の色調を美しく整えます。
ビタミンCやビタミンEなど、美白成分を多く配合しています。
透明感のあるストレスに強い肌へと導いてくれます。

こんな方におすすめ

  • スキントーンを整えたい方
  • 肌の透明感を高めたい方
  • ハイドロキノン配合の美容液をお求めの方

製品情報

ミラミン
Pigment Control Crème

美容液

容量:80mL / 2.7 Fl. Oz.
料金:12,000円(税抜)

製品成分表:
水・セタノール・グリセリン・ハイドロキノン・ラウリル硫酸Na・ステアリルアルコール・グリコール酸・フェノキシエタノール・ピロ亜硫酸Na・カプリリルグリコール・水酸化Na・クロルフェネシン・EDTA−2Na・アスコルビン酸・パルミチン酸アスコルビル・酢酸トコフェロール・ユッカシジゲラ根エキス・キラヤ樹皮エキス・亜硫酸Na・β−グルカン・ディオスコレアビロサ根エキス・スミラックスアリストロチアエホリア根エキス

☆こちらの製品は、当院で診察を受けた方に限りオンラインショップから追加購入が可能です。

SEIKO MEDICAL ONLINE SHOP

⇒クリニックへの予約はこちら
⇒オンライン治療予約はこちら

使い方

使用頻度

1日2回(朝・夜)

使用方法

適量を手に取りお肌になじませます。

主な有効成分と作用

ハイドロキノン

しみ・くすみの元となるメラニンを抑制し、スキントーンを整えます。

アスコルビン酸(ビタミンC)

肌の内側から透明感を高める力をサポートします。

グリコール酸

お肌のピーリングを促進します。

酢酸トコフェロール(ビタミンE)

肌荒れを整え、酸化ストレスに負けない肌へと導きます。

ミラミンとミラミックス

ミラミンとミラミックスは名称や成分などが類似しています。
共通点はどちらも美白に特化した美容液であり、共通する成分も多く含まれます。
美容液単体としての効果には、差はありません。
それでは、ミラミンとミラミックスの違いはどこにあるのでしょうか。

大きく異なるのは、使用方法と作用する部分です。

ミラミンは単体で使用する方法がメインであるのに対し、ミラミックスはトレチノインと混ぜての使用が前提となっています。
そのため作用する部分は、ミラミックス+トレチノインのほうが、より肌の奥深い部分(表皮基底層)に作用すると考えられています。

ミラミンとミラミックスはそれぞれの役割があるため、どちらも正しい量を正しいタイミングで使用することが、美しく透き通るような肌を手に入れるための近道といえます。

トレチノイン

関連ページ

症例紹介

ミラミンだけでもお試しください

ゼオスキン症例写真

この患者様は矢印二箇所はQスイッチルビーレーザーを行い、他はミラミン単独の効果です😊
レーザーした所以外もシミが薄くなりました。

ブログ

ハイドロキノンの危険性

ハイドロキノンの危険性

ハイドロキノンは優秀な美白クリームです。ただ思いもしない副作用もあります!やみくもに使ってはいけません。ハイドロキノンを熟知した先生に処方してもらいましょう

成分について

ハイドロキノンとは

デイリーPD

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」とも呼ばれる強力な美白成分で、その効果は他の美白成分の10~100倍と言われます。ハイドロキノンについて詳しく解説しています。

ブログ

ミラミンとミラミックスの違い

ミラミンとミラミックスの違い

パッケージもそっくりで名前も似ていますが、どのように違うのでしょうか。詳しくご説明します。

こちらもおすすめ

艶のある美しい素肌へ

デイリーPD

デイリーPD

肌にハリを与える力をサポートし、艶のある美しい素肌へ導きます。また、環境ダメージからお肌を守り、エイジングサインにアプローチします。

潤いを高めて、なめらかなお肌へ

RCクリーム

RCクリーム

レチノール(整肌成分)、パルミチン酸レチノール、セラミド(整肌成分)によりバリア機能をサポートし潤いを高め、なめらかな肌へ導く美容クリーム。

肌本来の美しさを取り戻して健やかな肌へ

Gファクターセラム

Gファクターセラム

年齢とともに気になる肌の乱れをケアし、肌本来の美しさを取り戻して健やかな肌へと導きます。敏感肌も含め、さまざまな肌タイプでご使用いただけます。

明るくムラのない整った肌へ

ミラミックス

ミラミックス

ハイドロキノン配合で、医師処方薬のクリームと併用することにより、効果的に浸透し、明るくムラのない整った肌へと導きます。