AAPE

AAPE

鹿児島院福岡院

 

AAPEとは?

AAPE
AAPEとはヒト脂肪幹細胞の培養中の上澄み液を凍結乾燥させた生体タンパク質製剤です。
AAPEは人の体内にあるタンパク質の一種で、脂肪幹細胞から抽出された天然成分の為、安全性が非常に高く、副作用やアレルギーの心配はありません。

当院では水光注射で注入していきます。顔だけでなく、首、手の甲など様々な部位に注入が可能です。
肌の表面直下、真皮の浅い層に注入することで、皮膚全体に目に見える潤いをもたらし、細胞レベルの若返りが可能な治療です。

AAPEは欠損した細胞には増殖因子を放出し、過剰細胞には抑制因子が作用します。
また健常な細胞の中ではアクションしないので、早期な創傷治療や、組織(血管・皮膚等)再生、機能再生、早期な健康状態への復帰、再発防止など、より正常な状態へと導いてくれる治療です。

AAPE

適応

  • 小ジワの改善
  • 肌の引き締まり
  • 肌のハリ感アップ
  • 毛穴縮小
  • シミ改善
  • 肌質改善
  • ニキビ、ニキビ痕の改善
-禁忌-
●妊娠中・妊娠の可能性のある方   ●アレルギー・特異体質の方   ●出血性疾患のある方
●注入部位に皮膚疾患がある方   ●麻酔を使用しショックを起こしたことがある方
●心疾患、糖尿病、リウマチの既往がある方   ●自己免疫疾患の既往がある方

治療の流れ

aape

※3~4週間に1回、計5回程度繰り返し治療を頂くことを推奨しております。

■アフターケア

・治療直後は針による内出血が数日間起こる可能性があります。
・注入当日はシャワ―浴のみ、翌日から入浴可能です。
・メイクは翌日から可能です。
・注入当日はアルコールの摂取は控えていただきます。
・注入部位のマッサージや圧迫は1週間はしないようにしてください。
・注入後はUVケアをしっかりしてください。

■トータルの治療時間

・約1時間