治療内容

電気分解法


電気分解法

 

h3
作用 - 電気分解法とは?

 

電気メス 通常の電気メスとは異なり、電気分解により焼却して除去するため、皮膚を傷つけることなく治療する事が出来ます。
局所麻酔で痛みもなく5分程で除去することが可能です。

非常に高い周波数帯が組織を炭化させることなく、切開・止血・凝固を可能にしています。
特に純切開における切れ味のシャープさは際立っており、術後の回復も早く、切開による瘢痕も目立ちにくい利点があります。


 

h3
適応

 

  • ほくろ
  • 脂漏性角化症
  • 表皮母斑
  • アクロコルドン(首の周りのいぼ)
  • 色素性母斑
  • 皮脂腺母斑など

 

 

h3
治療の流れ

電気分解法治療の流れ

■アフターケア

・治療後は瘡蓋を作らないよう、7~10日間程度、抗生剤を塗布しテープ保護を行ってください。
・治療当日はシャワ―浴のみ可能です。
・紫外線対策をしっかりと行ってください。

■治療時間

・約30分

 

-禁忌-
ペースメーカー等、体内に金属が入っている方   麻酔を使用して、ショックを起こしたことがある方   出血性疾患患者

 

 

その他の治療を見る 料金表を見る 最新記事を見る

お問い合わせフォーム