治療内容

針脱毛


医療用針脱毛

白髪も産毛も、確実に脱毛

 

セイコメディカルの針脱毛

針脱毛機器

セイコメディカルでは、レーザー等では脱毛しにくい白髪や、乳輪など色素沈着がある部位を脱毛できる針脱毛を行っております。

針脱毛には『痛みが強い』というイメージがありますが、当院では絶縁針というコーティングされた特殊な針を用いて針脱毛を行います。皮膚表面にダメージを与えず、痛みを最小限に安全に脱毛することができます。

針脱毛は『毛の色に関係なく確実に脱毛できる』、『肌の色を選ばない』『何本か気になるだけの場合は安価で済む』などのメリットの大きいものです。
また、わきが治療にも有効性(毛が生えている毛穴のアポクリン腺の破壊)があります。ただし、毛に沿って針を挿し込みますので、毛がない毛穴のアポクリン腺までは破壊できません。

当院院長は日本医学脱毛学会理事を務めております。
今まで以上に脱毛結果に満足して頂くため、産毛や白髪も脱毛できる針脱毛実技研修に参加しております。

針脱毛を行う方は、施術前に毛を伸ばして頂く必要があります。また、採血を行ってからの施術となります。


 

 

h3
作用

脱毛針針脱毛は、毛穴に細くて先の丸い針を差し込み、差し込んだ針に弱い電流または高周波を流すことで毛根部を破壊して、その部分の毛を抜き取る方法です。

当院では、針に特殊な絶縁が施してある「絶縁針」を使い電気凝固させます。施術者は医師か看護師が行い、痛みへは塗る麻酔等の対処ができます。

これまでは痛みが強くやけどや色素沈着が起こりやすいといった欠点がありましたが、皮膚と触れる部分の特殊コーティングにより、皮膚にダメージを与えず火傷の心配はありません。

絶縁針脱毛は、医師法第17条に規定された医療行為のため、エステティックサロンでは行えません。


 

針脱毛のメリット

circle-pink.gifレーザー・光脱毛では処理できない毛にも対応
  針脱毛は1本1本毛穴に針を挿入し、処理をしていくためお時間が掛かりますが白髪や乳輪周り等レーザーや光脱毛などでは処理しきれない毛には針脱毛が最適です
circle-pink.gif針の安全性
  針脱毛ご希望の患者様には、事前に採血をして頂いております。
脱毛の針は患者様個人専用の針の為、ご本人様のみが使用しますのでご安心ください。
circle-pink.gif皮膚にダメージを与えない
  医療機関で行われている針脱毛は、絶縁針というものを使用してます。
絶縁針は特殊加工された針のため、皮膚表面にダメージを与えず、安全に脱毛することができます。
針脱毛後は挿入した毛穴・皮膚が赤くなりますが、通常約1週間以内で改善されます。
赤みのある時は処方されたお薬を塗り、日焼けを避けていただきます。
circle-pink.gif痛みを最大限に抑える
  「針を挿入する」と聞くと痛そうなイメージがありますが、針を挿入するときよりも電気を通す時痛みを感じやすいです。
通電時間が長ければ長いほど痛みを感じますが、絶縁針脱毛では1回の通電時間が0.2~1秒と短く、強い痛みを感じにくいです。
また、痛みがご不安な方には麻酔クリームもご準備しております。

 

 

h3
適応

  • 腋の汗や臭いの気になる方
  • 色素沈着のある部位
  • 白髪・産毛
  • レーザー、光脱毛終了後の残っている毛
  • 乳輪周り

その他の治療を見る

 

 

料金表を見る症例写真へ最新記事を見る

 

オンライン治療予約