治療内容

えらボトックス


えらボトックス

咬筋でえらが張っている場合は、ボトックスでシュッと小顔に!えら張りでお悩みの方は一度ご相談ください。


元に戻らない当院オリジナルのえらボトックス

えらボトックスとは?

えらの部分にある咬筋という筋肉が発達していると、顔を大きく見せ「えら張り顔」になります。
咬筋によってえらが張っている場合、ボトックスが効果的にこのような「えらの筋肉太り」を解消してくれます。

えらボトックスの治療時間は注射だけですので、約5分程度で終了します。

えらボトックス注射後2週間後より、顔がシャープになります。「顔が大きくて悩んでいる方」や「脂肪がついていないのに、えら張り顔で悩んでいる方」にはえらボトックスはおすすめの治療です。

えらボトックスの原理

えらには2箇所の咬筋があります。

そこにボトックスを注射すると、筋肉が弛緩し動かなくなります。
使わない筋肉は徐々に萎縮していくので、肥大した咬筋が小さくなり、えら張りを解消します。

咬筋が委縮しても、周りの筋肉が咬む動作を補いますので、物が咬めなくなるということはありません。

 

 

h3
適応

  • えらが張っている
  • 持続的な効果を望む
  • 手術は受けたくない方
  • 小顔にしたい
  • 歯ぎしりが気になる方
  • 治療後、腫れると困る方

-禁忌-
重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等の方
妊娠・授乳中の方、または妊娠の可能性のある方
慢性の呼吸器障害のある    感染症の既往歴のある方 など
(カウンセリング・診察時に詳しくご説明します)

 

 

当院のえらボトックスはここが違います。

 

■当院のえらボトックスは元に戻りません

独自に考案したえらボトックスの手法で短期間に劇的な小顔治療に成功しています。
これは高濃度のえらボトックス注射短期間に打つことで、実現されます。
通常のえらボトックス注射の量や方法では、持続期間が約6か月で元に戻ってしまいますが、このえらボトックスの方法では、筋肉自体が小さくなり、半永久的な効果が望めます。


 

もはや骨削りは時代遅れ

 

■大がかりな手術は必要ありません

従来えらが張っている場合の治療として、大がかりなえら削り(骨削り手術)しか方法がありませんでした。
ボトックスが登場後も、ボトックスの持続期間が約6ヵ月で元に戻ってしまい、永久的な効果を望む方はやはり、えら削りしか選択肢がありませんでした。
しかし、当院独自のえらボトックス注射方法で、筋肉自体が劇的に小さくなり、半永久的な効果が望めますので、もはやえら削りが不要なのです。


 

 

h3
施術の流れ

 

えらボトックス施術の流れ

 

注入後約2週間後より「えらの縮小」を実感できます。
*1回のえらボトックス治療での効果持続には約6ヵ月前後。また効果には個人差があります。

1ヶ月ごとに合計4回(保証付きの場合)、集中的にえらボトックス注射をすることで半永久的な効果を持続させます。

※短期間に連続してボトックスを打たなかった場合、ボトックスが切れると咬筋が徐々に元通りになります。

 

■アフターケア

・治療直後から日常生活を送ることができます。
・咬筋を意図的に酷使すると、ボトックスの効果が長持ちしません。

・咬筋を酷使するのは控えめにしてください。

■トータルの治療時間

・約1時間30分(初診カウンセリング・診察・施術)

ha.gif

料金表を見る症例写真を見る最新記事を見る

 

 

 

 

h3
Q&A

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから